風俗嬢の許容範囲であったりする西川口だが

下半身事情だ

これはある程度信用できるが、かといって、取材記者なりライターが感じたことや、女の子がやってくれたプレイを同等に受け感じられるわけではない。あくまで体験記はその取材者個人の体験である。ソフトフェラチオが好きな取材者にバキュームフェラが得意な女の子がついた場合はどうなるか。その体験者にとっては、100%満足できたとは言い難いだろう。体験記はあくまで、参照程度の考えておいた方がいいだろう。大阪の飛田新地で遊んだ時に女の子がキスをしてくれたという記事が、とある風俗誌に掲載された。
風俗求人

膣攻めが一番でしょう

ペニスを温めたり

お尻が破裂してしまいそうですそれを読んだ読者が、同じように遊んだがキスがなかったと、店の人間を相手に大喧嘩をしたことがあったという。これなどは、風俗体験記を個人的な体験とではなく、一般的なサービスと勘違いしてしまった好例だろう。風俗体験記についてはほとんどの場合が、悪感情を得た部分をカットして、好感情の部分を膨らましていることを忘れてはいけない「編集部サイドからなるべく悪いことは書かないでほしいという要請があることは言うまでもない」。また、あまりにもひどかった体験は雑誌にも掲載されることがない。そういったボツになった風俗体験記の中で最悪のものを紹介しよう。

何やら自信ありげな様子で膣圧測定

JKデリヘル嬢がオーガズムに達していた
事が終わってから僕は中居に心付けを3万円払った。そ中居はとってもうれしそうに帰るのだった。佐賀県のお色気温泉、武雄温泉さてお次は佐賀県の武雄温泉でのお話。ここもお色気温泉として知られていて、規模こそ小さいもののソープが4軒も営業している。まだお昼の2時だったのでうろうろ歩いていると向こうのほうに芸者がいた。はっとするような美人だ。
愛撫を待ち焦がれていた

風俗嬢のお尻を横切るバラ色の鞭跡の痛みに息をのんだ

肉棒を吸うことを
歳は30前後ぐらいか。彼女は僕にお辞儀をする。そしてなぜか着物の裾から指を3本出しているではないかる最初はなんのことかわからなかったが、これは「3万円出してくれたら、あなたとエッチしてもいいわよ」というサインだというのがわかった。さっそく彼女の元に駆け寄っていく。近くで見るといいオンナだというのがますますわかった。僕は彼女に趣旨を話すと、静かに首を縦に振った。

フーゾクにこだわりたかったからだ

デリヘル嬢は乳首をペロ
「お兄さん、失礼します」間仕切りにかけた。桃色の縁に黒のブラジャーもパンツも脱いで、それは間仕切りの上ではなくその蔭に隠すように置いた。裸の豊かなそういうと嬢は僕のズボンのベルトをぎこちない手つきで外し、僕を裸に剥いていった。トランクスまでも赤子のようにして脱がされた僕は、座って自分のトランクスをたたむ嬢ににじり寄り、顎をつかむと唇を重ね、唾液を混じらせた。何かガムでも噛んでいたのか、嬢の唾液は甘かった。
風俗嬢って寂しい思いしてる子多いから

デリヘルは擬似恋愛を提供するお店です

僕は余った左手で嬢の乳房を弄ぶ。手にこぼれるほどの大きさだったが、汗で濡れていて冷たく、固い乳房だった。ひとしきり揉まれたら「横になって」と嬢が言った。僕は素直に横になる。その僕の陰茎を嬢はウェットチッシュで拭うと、ぱくっと口に含んだ。舌が微妙なところを擦る。唾液の温もりが陰茎をじわりと包みこみ、嬢の口から溢れた生ぬるい唾液が肛門まで零れる。