狭いながらも楽しい我が家

本件土地

地元の知人の紹介で田畑も含めた1000坪の土地と生家の売却が実現(仮名)岡山県·66歳岸本靖夫さん「平屋の古民家だったから買うことにした」お隣の紹介で空き家になった築100年の家を売却「売れるとしても二束三文だと覚悟していましたから、300万円というのは十分な額だと思いました。そりゃあ高く売れるに越したことはないですけど、まあ自分に住む意思はないし、使ってくれる人がいるならそれがいいのかなと」岸本さんの実家の売却が決まったのは、2010年のこと。岸本さんは当時をこう振り返る。実家の隣の造園業の社長だった。その前年に売却話を持ちかけてきたのは、隣といっても数百mは離れているが、岸本さんと造園業の社長は、以前からよく知った仲だ。
「田舎暮らしを望んでいる人がいるんだが、あんたとこの実家を売ったらどうか」電話をかと、けてきてくれたのだ。希望している方はこの地域の出身で、東京に出て商社に勤め、長く海外勤務をしていたそうでその方のご次男が病気療養中で、す。
彼の希望もあって田舎暮らしをしたいということでしたが、岡山県中部、春と秋には雲海が見られることで有名な地域に建つ岸本さんこちら岡山市内に住む岸本さんが、高校時代までを過ごした家であり、の実家だ。
現在、周りには急峻な斜面を利用した棚田が広がっていて、晴れた日には瀬戸内海まで見渡せるという。国道から山道を車で上ること8分の距離だが、それは道が舗装されてからのこと。かつてはでこぼこ道で、雨が降ると大変だったそうだ。戦後間もない1947年に生まれた岸本さんはそんな道を4㎞離れた小学校まで通った。中学生になると学校までは片道3時間の距離。毎日、徒歩で往復したという。
岸本さんの実家は、祖父が独立するときに本家の援助をもらって建てたもの。
分家筋だった祖父は、本家から200m離れた場所に、100坪ほどの敷地に40坪ほどの家を建てた。

1910年代のことである土間、納屋、家畜小屋4Kの平屋という田舎の古民家いまふうにいえば、母屋は4Kの平屋で、それに離れがあるというもの。岸本さんの実家は、母屋の玄関を入るとすぐに土間があり、左手が居住スペース、右手が納屋や家畜小屋などの作業スペースである。居住スペースは、6畳二間に、8畳と4畳が各一間06畳のひとつは食事スペース、もうひとつにはタンスなどが置かれていた。8畳がいわばリビングルームで、4畳との間にある仕切りの障子をはずせば12畳の広間となる。
母屋のほかに6畳と8畳の離れもあり、岸本さんたちが訪れると離れで眠るのが常だった。この実家で結婚式を挙げた。岸本さん夫妻は、親類縁者たちも岡山市内から駆けつけるなど、列席者はおよそ30人。その宴の最中に、ある出来事が起こる。母屋の8畳間の床が抜けたのである。いまでも親戚が集まると必ず誰かがこの話題にふれ、笑い話になるという。

台所の奥には家畜小屋があった。
岸本さんは、昔を懐かしんで言う。昔は牛に引かせて田んぼを耕していました。
私が小学生ぐらいのころまでは牛がいましたね農耕牛だから乳は出ない。でも、ヤギを飼っていたからヤギの乳を飲んでいた。当時としてはわりと体が大きかった身長177,のはそのせいかな。風呂は最初は外にあって、家の中にできたのは牛を飼わなくなってから。家畜小屋のあとのスペースにつくった。風呂焚きがいもちろん、つもの自分の仕事でしたね。薪割りもやりました庭には柿とイチジク、鶏も庭で飼っていた。
アケビの木があり、夏や秋になると、それらの実が鈴なりになった。
少し山を歩けば山菜も採り放題だった。山から切り出したコナラの木に菌種を打ち込み、シイタケの原木栽培も行っていた。

土地をリースする場合に岸本さんは、再び懐かしそうに当時を振り返る。「当時は山にも人の手がたくさん入っていたから、マツタケもよく採れた。一回山に入っただけで、持ちきれないほど採れたものです」つい最近まで水道はなく、井戸の水を引いていた。実家から200m離れた山の中には炭焼き小屋もあった。「どの家でもそうですが、炭焼きもやっていた。
昔はほとんど自給自足でやっていけるぐらい、なんでもそろっていたんです」3か月に1回のペースで帰郷しては空き家の手入れをする手間が次第に負担となる岸本さんが実家の売却を考えるようになったのは、父親が亡くなってからひとり暮らしを続けていた母親が、誰も住む人がいなくなったからだ特別養護老人ホームに入居し、親と離れて暮らす子どもの多くが抱える、今日的問題といえよう。

親が病気で入院したり介護施設に入居してしまったために、定期的に遠路見舞うといった生活を続けている人は少なやがては、必然的に空き家の管理や処分等の問題も降りかかってくる。くない。脳梗塞で倒れた岸本さんの父親は、1990年に75歳でその人生を終えている。以後、岸本さんの母親は、自分で食べるだけの野菜を作り、年金でやりくりする生活を続けていたが、006年に老人ホームに入居。

岸本さんの実家は、誰も住まない空き家になったのである老人ホームに入居するにあたって、母は家財道具はそのまま残し、必要最低限のものだけをホームに持ち込んだ。このころから、岸本さんの心の中では、「いつかこの家を処分するときがくるのかな」という思いがあったという。岸本さんの母親は、その後、循環器系の病を患うなどして、09年に82年の生涯を閉じた。その間、岸本さんは、3か月に一度のペースで、実家の管理のため現地に足を運んでいた「人が住んでいないとすぐに廃屋になるというので、できるだけ実家に帰って掃除などをするようにしました。
もともとすき間風の入る昔の日本家屋ですけど、窓を開け放って、布団を干し6月ごろに草を刈るのが一番大変だったかな。たり、周囲の草を刈ったりね。とにかく、放っておくとすぐに草木で覆われてしまうんです」購入者が気に入ったのは平屋の造りと梁の太さ希望購入価格は坪あたり3000円田舎暮らしを希望していた購入者は、隣の造園業の社長の同級生だった。同窓会で出会いそのとき岸本さんの実家の情報を伝え聞いたという。
「購入希望者は隣の社長と一緒に家を見に来られました。ご家族も一緒でしたね。
とくにご家族家畜小屋などが珍しかったようですね。には土間や納屋、ご次男は、家の特徴的な立派な梁が気に入ったと言っていました。ご本人も、畑で野菜も作れるというのが、希望に沿ったようでした。うちは平屋の建物ですが、田舎暮らしを望む人には平屋が好まれるらしいですね」購入者にとっては、少年時代を過ごした土地であり、勝手知ったるところもあっただろうが家族にとっては珍しいことばかり。

いずれにせよ岸本さんの実家は、希望していた条件にびたリとはまった

岸本さん、造園業の社長、購入者という地元つながりで、空き家を売却できたという典型的なケース。それも不動産業者の仲介案件ではなく、売主と買主の直接取引だった。購入者が出畑をつけてもらって300万円だった。

県·市町村住宅関連補助金

否認する根拠

本来の形式
した買値は、家と敷地、買いたいという人がいるという電話から1年足らずで、100坪の敷地と古民家、(9良の田畑の譲渡が300万円で成立した。1坪あたりに換算すると、00坪)おおむね3000円ということになる何はともあれ売却が決まって、しかし、売却が決まったのは母親岸本さんとしては一段落。が亡くなってからまだ1年、そのため岸本さんの実家は、まだ母親が暮らしていたころのままという状態だった。
購入者も立ち会って片づけ開始古い仏壇は処分古い柱時計や玄関脇にある下足入れ、タンス、掘りごたつ、座卓など、いわゆるアンティークなものは購入者が残すことを望んだ。まったく使われていなかった古釜や鍋も珍しがられた。そこで、本格的に片づけを始めるにあたって、購入者にも立ち会ってもらい、そのはま残すものと不要なものを選り分けてもらった。
わずかに残っていた炭や薪もそのまま残してほしいということ納屋の中にあった農機具、だったので、納屋に関してはほとんど手をつける必要がなかった。結局、納屋や家畜小屋にあったものは全部残していきましたね。
もちろん残したものについては無償です。値段のうちともいえますね。牛の餌まで残しました。牛もいないのにね。

そのこ『もし牛がいたら、牛つき古民家ということで、とを元商社マンの購入者に話したらもっと高い値段で買いましたよ』と言われました家財道具のうち使えるものと形見の品だけを持ち出し、その他衣類や書類、古い寝具、神棚にいたるまで燃やせるものは庭で燃やした。周囲にもうもうと煙がたちこめたが、隣家は数百m離れているから気兼ねすることはなかった。傘やゴルフクラブ食器類やガラス製品、陶器、などの金属製品、それに家電品などは回収業者に有料で処分してもらった。母親が老人ホームに入る際に、裏山にあった先祖代々の墓から少し離れた寺の墓地に墓は、移している魂を抜くお経をあげてもら古い仏壇は処分することにして、処理は菩提寺にお願いしました。
地方の活性化い、菩提寺の住職に来てもらい、魂を入れるお経をあげ新たに岡山市内の自宅に仏壇を購入。てもらいました!お彼岸には、岸本さんも両親のお墓参りに故郷へ足を運ぶ。季節によっては、子どものころに遊んだ裏山に登って山菜採りもしている。
そうして裏山からかつての家を見下ろしてみるといまは新しい住人が畑に野菜やソバを植えるなどして、田舎生活を十分に満喫している様子だという

親·家·片アド,uス田舎にある先祖の墓を移すときの手続きお寺でも、霊苑や墓苑でも、墓地は購入した(する)ものではありません。永代使用権土地の所有権ではないのです。は、お墓は借りるものなのです。
お墓がお寺の墓地にある場合、地域や宗派によって多少の違いがありますが、年会費や管理費などが設定されているのが基本です。金額は1S2万円といったところ。親の死後もお墓をそのままにしておく場合、お寺に連絡をして年会費·管理費の請求先を自分あてにしてもらいます。
檀家である場合は、本堂の改修などで寄進を求められることもありますが、お墓を維持するためには、連絡先を知らせておくことが不可欠です。宗派を問わない霊苑や墓苑の場合も、年会費の請求先の変更を申し出ることになり管理費の滞納が続くと、ます。無縁仏になることもあるので注意が必要です。遠隔地にあるお墓を、自分が住んでいる近くに移す場合はどうでしょうか。

墓地に埋葬されている遺骨や遺体を他の墓地や納骨堂に移すことを改葬と呼びますが、改葬許可申請書当該の役所にを提出し、許可を得たうえで移すことになります。改葬許可証は、移転先の墓地の管理者に提出します。ただし、埋葬してある場所によっては、改葬の手間が異なるようです。宗派を問わない霊苑などの場合は契約書類が整備されていることから、その契約書の規約に従い永代使用権の放棄手続きをするなど、事務的にすむはずです。一方、それも古いお寺にあるお墓を移そうという場合は、お寺、さまざまな手順が必要になります。
お寺にとっては支援者ともいうべき檀家が離れることを意味するのですから、お墓の管理者である住職にワケを話し、まずは、円満な解決を図るのが基本でしょう。そのお寺の住職に供養をしてもらったら、そして、業者などに依頼して遺骨を取り出します。新たな納骨先のお寺でも、そこの住職にお経をあげてもらうというのが一般的です。両方にお布施が必要になるということです。

高校時代の友人が不動産会社をやっていた!

おかげで相場より有利な条件で生家を売却。
関根郁子さん(仮名)千葉県·65歳「いい家を残してくれた親に感謝しなくちゃね」生家の売却に尽力してくれた高校時代の友人はこう言った2002年に81年の生涯を閉じた。
葬儀から3か月、関根さんたちは実関根さんの父親は、家近くの菩提寺に出向き納骨。すでに空き家になって2年以上経過していた実家にも足を運んだことはいうまでもない。はじめて気がついたといっていいでしょう。実家をどうしようか、と。「そのときに、同時に誰かに貸すのもいいし、売り払ってもいいと、あまり感傷に浸るまいとも自分に言い聞かせました」現在の住まいを離れ、故郷に戻る選択肢はなかった。
関根さんにも関根さんの兄にも、こういうとき、頼りになるのは故郷の友人です。地元で「兄と相談し売却することにしました。快く引き受けてくれました。

楽器のできる人を募集中なんです

大きすぎる土地利用

『あな不動産会社を営んでいる高校時代の友人にワケを話したら、駅からも近いからなんとかなるだろう』ということでした」たの家は広いし、買い物にも便利。それを見たところで家がいくらで売れるのか実家の年間の固定資産税は十数万円。ただし、見当もっかない。高く売却できればそれに越したことはないのですが、友人頼みというか、友人の言い値で売っ不動産の売買が活発な地ていいという気持ちでした。そんなに辺鄙な場所ではないとはいえ、区とも思えませんでしたから。兄もそれでいいということでした父親の納骨からおよそ5か月後のことだった。
友人から電話がかかってきたのは、「友人は買い手が見つからなかったら、自分が購入してアパートにしてもいいと考えていたよう美容師をしている子どものためにその親御さんが購入してくれることになり、です。美結局、母屋は古い家屋ですが、道路に面した2階建ての離れ容室に改装することになったようです。というのが決め手になったそうです。
取り壊さなくても美容室に改装できる、は比較的新しく、不動産の仲介手数料は基本料6万円に価格の3%というのが標準だそう価格は1200万円。いい物件を持っていた両親に感謝しなくちゃですが、友人はそれも少しまけてくれました。
と友人に言われました」
母に先立たれた父同居を断りひとり暮らしを続けていたが寂しさからか認知症が進行茨城県でも場所によっては、東京への通学·通勤は可能だが、関根さんは、茨城県出身。太進学と同時に上京した。平洋に近い関根さんの実家からでは通学は無理ということで、結婚から数年後には、現在の地にマンションを購入。以来、今日まで千葉県民を続けている孫も2人を数える。1人いる兄は山梨県在住だ1男1女の母親であり、ひとり暮らしをしていた親が、関根さんの実家が空き家になったのは、介護施設に入居した親が亡くなって空き家になる例も多いが、介護施設への入居によって空き家になるためだ。
先に亡くなったのは母親。ひとり残されたのは父親ケースも少なくない。関根さんの場合は、である結婚。その後、関根さんの父親は3人兄弟の関根さんの両親は、同じ職場で知り合い、一番実家から独立してマイホームを構えることになる。

収入証明書その家こそ、関根さん下だったことから、生家であり実家である。と関根さんの兄にとっては、私が上京してからは、ふたりき「両親は同じ歳。存命であれば、もう90歳を超えていますね。の生活。母親は音楽などの趣味を楽しみ、国内を中心に旅行にも定年退職後は、父親は書道、

よく出かける生活を送っていたようです」そんな生活が暗転するのは1991年母親が病に倒れ亡くなってしまったのだ。母に先立たれた父はひとり暮らし。
近くに住む親戚や近所の方々が食事を届けてくれることもあったようですし、自炊も嫌いなほうではなかったようです。私は月に1回は足を運ぶようにしていました。
何度も千葉での同居を誘いましたが、そのたびに『気ままな生活がいい』と、父が首を縦に振ることはありませんでした一般的に、妻に先立たれた男性の寿命は縮まるといわれる。関根さんの父親は、伴侶なき生活を10年余りも続けることになるが、やはり、異変が起こった。いわゆる、認知症だ。関根さんは、以前にも増して頻繁に帰郷し、父親の世話をした。
山梨に住む兄夫婦にも協力を懇願、義姉も快諾してくれたという。だが、子どもたちの献身的な世話にもかかわらず、関根さんの父親の認知症は深刻化していく体力の衰えも目立つようになってきた。

往復4時間の実家通いを続けたものの自宅での介護は限界!
特養への入居に踏みきるお互い1か月に半分ずつ世話をするために帰郷を繰り返し兄夫婦とローテーションを決め、そんな関根さんたちにも次第に疲れが蓄積していく。ていた、兄夫婦はおよそ7時間である。それぞれの自宅と関根さん関根さんは自宅から往復4時間、の父親宅という二重生活の負担は想像以上に重い。家族による介護が限界になってきたのだ。関根さん自身も、父親の認知症の進行具合に心を痛める一方で、兄夫婦、特に義姉の苦労や負担をひしひしと実感したという。ついには、施設への入居の決断を迫られることになる。
「万一に備えて、私名義の通帳で保管していたのですが、親の預金を下ろし、確認したら500万円程度しか残っていませんでした。兄も私も経済的にそんなに余裕のあるほうではないので有料老人ホームという選択肢はありませんでした。
そこで、特養と呼ばれる特別養護老人ホムに入れようということになったのです」現在では、金融機関は本人確認を厳格にしており、本人が直接銀行の窓口に行かないと本人名義の預金を引き出せないようになっていて、入院や介護施設への入居費用の工面に苦労したという人も少なくない。
関根さんのように、親が元気なうちに預貯金を移し替えておくのもひとつの方法だろう。当初は父親の家の近くで施設を探したのですが、町にひとつしかなく2030人待ちという状態。結局、私が住んでいる周辺で探して、どうにか頼み込んで病院や介護老人保健施設に入れてもらったのです。しかし、入所期限が切られました。短期間で4、5か所を転々とし、ようやく特養に入れたのは千葉に引き取ってから1年後のことでした。

それでやれやれとひと息つけた安堵感から空き家になった家の処理のことなど、まったく思いが至らないほどでしたのです。

親の家の片づけは父の葬儀の1週間後に開始しかし自分たちだけでは手に負えず業者を頼むことに「家を売ることに決め、『なんとかなるだろう』という返事をもらったので友人に相談すると再び実家に戻り家財の片づけに取りかかりました。

住宅·土地