狭いながらも楽しい我が家

否認する根拠

地元の知人の紹介で田畑も含めた1000坪の土地と生家の売却が実現(仮名)岡山県·66歳岸本靖夫さん「平屋の古民家だったから買うことにした」お隣の紹介で空き家になった築100年の家を売却「売れるとしても二束三文だと覚悟していましたから、300万円というのは十分な額だと思いました。そりゃあ高く売れるに越したことはないですけど、まあ自分に住む意思はないし、使ってくれる人がいるならそれがいいのかなと」岸本さんの実家の売却が決まったのは、2010年のこと。岸本さんは当時をこう振り返る。実家の隣の造園業の社長だった。その前年に売却話を持ちかけてきたのは、隣といっても数百mは離れているが、岸本さんと造園業の社長は、以前からよく知った仲だ。
「田舎暮らしを望んでいる人がいるんだが、あんたとこの実家を売ったらどうか」電話をかと、けてきてくれたのだ。希望している方はこの地域の出身で、東京に出て商社に勤め、長く海外勤務をしていたそうでその方のご次男が病気療養中で、す。
彼の希望もあって田舎暮らしをしたいということでしたが、岡山県中部、春と秋には雲海が見られることで有名な地域に建つ岸本さんこちら岡山市内に住む岸本さんが、高校時代までを過ごした家であり、の実家だ。
現在、周りには急峻な斜面を利用した棚田が広がっていて、晴れた日には瀬戸内海まで見渡せるという。国道から山道を車で上ること8分の距離だが、それは道が舗装されてからのこと。かつてはでこぼこ道で、雨が降ると大変だったそうだ。戦後間もない1947年に生まれた岸本さんはそんな道を4㎞離れた小学校まで通った。中学生になると学校までは片道3時間の距離。毎日、徒歩で往復したという。
岸本さんの実家は、祖父が独立するときに本家の援助をもらって建てたもの。
分家筋だった祖父は、本家から200m離れた場所に、100坪ほどの敷地に40坪ほどの家を建てた。
イオンモールつくばsc1910年代のことである土間、納屋、家畜小屋4Kの平屋という田舎の古民家いまふうにいえば、母屋は4Kの平屋で、それに離れがあるというもの。岸本さんの実家は、母屋の玄関を入るとすぐに土間があり、左手が居住スペース、右手が納屋や家畜小屋などの作業スペースである。居住スペースは、6畳二間に、8畳と4畳が各一間06畳のひとつは食事スペース、もうひとつにはタンスなどが置かれていた。8畳がいわばリビングルームで、4畳との間にある仕切りの障子をはずせば12畳の広間となる。
母屋のほかに6畳と8畳の離れもあり、岸本さんたちが訪れると離れで眠るのが常だった。この実家で結婚式を挙げた。岸本さん夫妻は、親類縁者たちも岡山市内から駆けつけるなど、列席者はおよそ30人。その宴の最中に、ある出来事が起こる。母屋の8畳間の床が抜けたのである。いまでも親戚が集まると必ず誰かがこの話題にふれ、笑い話になるという。

台所の奥には家畜小屋があった。
岸本さんは、昔を懐かしんで言う。昔は牛に引かせて田んぼを耕していました。
私が小学生ぐらいのころまでは牛がいましたね農耕牛だから乳は出ない。でも、ヤギを飼っていたからヤギの乳を飲んでいた。当時としてはわりと体が大きかった身長177,のはそのせいかな。風呂は最初は外にあって、家の中にできたのは牛を飼わなくなってから。家畜小屋のあとのスペースにつくった。風呂焚きがいもちろん、つもの自分の仕事でしたね。薪割りもやりました庭には柿とイチジク、鶏も庭で飼っていた。
アケビの木があり、夏や秋になると、それらの実が鈴なりになった。
少し山を歩けば山菜も採り放題だった。山から切り出したコナラの木に菌種を打ち込み、シイタケの原木栽培も行っていた。

楽器のできる人を募集中なんです

岸本さんは、再び懐かしそうに当時を振り返る。「当時は山にも人の手がたくさん入っていたから、マツタケもよく採れた。一回山に入っただけで、持ちきれないほど採れたものです」つい最近まで水道はなく、井戸の水を引いていた。実家から200m離れた山の中には炭焼き小屋もあった。「どの家でもそうですが、炭焼きもやっていた。
昔はほとんど自給自足でやっていけるぐらい、なんでもそろっていたんです」3か月に1回のペースで帰郷しては空き家の手入れをする手間が次第に負担となる岸本さんが実家の売却を考えるようになったのは、父親が亡くなってからひとり暮らしを続けていた母親が、誰も住む人がいなくなったからだ特別養護老人ホームに入居し、親と離れて暮らす子どもの多くが抱える、今日的問題といえよう。

親が病気で入院したり介護施設に入居してしまったために、定期的に遠路見舞うといった生活を続けている人は少なやがては、必然的に空き家の管理や処分等の問題も降りかかってくる。くない。脳梗塞で倒れた岸本さんの父親は、1990年に75歳でその人生を終えている。以後、岸本さんの母親は、自分で食べるだけの野菜を作り、年金でやりくりする生活を続けていたが、006年に老人ホームに入居。

水に流す岸本さんの実家は、誰も住まない空き家になったのである老人ホームに入居するにあたって、母は家財道具はそのまま残し、必要最低限のものだけをホームに持ち込んだ。このころから、岸本さんの心の中では、「いつかこの家を処分するときがくるのかな」という思いがあったという。岸本さんの母親は、その後、循環器系の病を患うなどして、09年に82年の生涯を閉じた。その間、岸本さんは、3か月に一度のペースで、実家の管理のため現地に足を運んでいた「人が住んでいないとすぐに廃屋になるというので、できるだけ実家に帰って掃除などをするようにしました。
もともとすき間風の入る昔の日本家屋ですけど、窓を開け放って、布団を干し6月ごろに草を刈るのが一番大変だったかな。たり、周囲の草を刈ったりね。とにかく、放っておくとすぐに草木で覆われてしまうんです」購入者が気に入ったのは平屋の造りと梁の太さ希望購入価格は坪あたり3000円田舎暮らしを希望していた購入者は、隣の造園業の社長の同級生だった。同窓会で出会いそのとき岸本さんの実家の情報を伝え聞いたという。
「購入希望者は隣の社長と一緒に家を見に来られました。ご家族も一緒でしたね。
とくにご家族家畜小屋などが珍しかったようですね。には土間や納屋、ご次男は、家の特徴的な立派な梁が気に入ったと言っていました。ご本人も、畑で野菜も作れるというのが、希望に沿ったようでした。うちは平屋の建物ですが、田舎暮らしを望む人には平屋が好まれるらしいですね」購入者にとっては、少年時代を過ごした土地であり、勝手知ったるところもあっただろうが家族にとっては珍しいことばかり。

いずれにせよ岸本さんの実家は、希望していた条件にびたリとはまった

岸本さん、造園業の社長、購入者という地元つながりで、空き家を売却できたという典型的なケース。それも不動産業者の仲介案件ではなく、売主と買主の直接取引だった。購入者が出畑をつけてもらって300万円だった。

県·市町村住宅関連補助金

した買値は、家と敷地、買いたいという人がいるという電話から1年足らずで、100坪の敷地と古民家、(9良の田畑の譲渡が300万円で成立した。1坪あたりに換算すると、00坪)おおむね3000円ということになる何はともあれ売却が決まって、しかし、売却が決まったのは母親岸本さんとしては一段落。が亡くなってからまだ1年、そのため岸本さんの実家は、まだ母親が暮らしていたころのままという状態だった。
購入者も立ち会って片づけ開始古い仏壇は処分古い柱時計や玄関脇にある下足入れ、タンス、掘りごたつ、座卓など、いわゆるアンティークなものは購入者が残すことを望んだ。まったく使われていなかった古釜や鍋も珍しがられた。そこで、本格的に片づけを始めるにあたって、購入者にも立ち会ってもらい、そのはま残すものと不要なものを選り分けてもらった。
わずかに残っていた炭や薪もそのまま残してほしいということ納屋の中にあった農機具、だったので、納屋に関してはほとんど手をつける必要がなかった。結局、納屋や家畜小屋にあったものは全部残していきましたね。
もちろん残したものについては無償です。値段のうちともいえますね。牛の餌まで残しました。牛もいないのにね。

収入証明書そのこ『もし牛がいたら、牛つき古民家ということで、とを元商社マンの購入者に話したらもっと高い値段で買いましたよ』と言われました家財道具のうち使えるものと形見の品だけを持ち出し、その他衣類や書類、古い寝具、神棚にいたるまで燃やせるものは庭で燃やした。周囲にもうもうと煙がたちこめたが、隣家は数百m離れているから気兼ねすることはなかった。傘やゴルフクラブ食器類やガラス製品、陶器、などの金属製品、それに家電品などは回収業者に有料で処分してもらった。母親が老人ホームに入る際に、裏山にあった先祖代々の墓から少し離れた寺の墓地に墓は、移している魂を抜くお経をあげてもら古い仏壇は処分することにして、処理は菩提寺にお願いしました。