地方の活性化

個人情報の漏えい

しかし、親家片は、親家片よりも厄介な問題が発生元気なうちの亡くなったあとのすることが意外に多いのです。親の家財道具を片づけるといっても、親が生きていますので本人の承諾がなければ、息子や娘だといっても勝手に整理してしまうことはできません。いるものといらないもの親子立ち会いでしてもらうのですが、「あれも、の確認は、こ

という親が多く、なかなか整理が進まないために、れも残しておきたい」親子喧嘩になってしまうケースもありました。

高齢者専用住宅や高齢者施設の広さの関係もあり、持っていきたくてもすべては持っていけ家財道具の大半は処分することになるのですが、良好な親子関係を築いていなかっないので、やっぱりこれも捨てられない!あげくたりすると、あとからと親が拒絶するようになり、は、高齢者専用住宅や施設への転居そのものを拒んでしまうこともあるのです親の認知症が進み売却の意思が確認できなかったまた、親の家を売却しようというときに、り、親が自筆で契約書にサインができない場合は、法定後見人の選任が家庭裁判所による決まらない限り、売却はできなくなります。

親が判断能力のあるうちに任意後見人そうした事態を回避するためには、になって、親任意後見契約と子でをしておくことをお勧めします。本人を保護し、支援,活動するという意味では、法定後見人も任意後見人も変わりありませんが、認知症が進んでから家庭裁判所で法定後見人を選任するとなると、かなりの期間を要し弁護士などが選任されることもあり、ます。
裁判所の判断で、子どもの思いとは異なる判断によって売却が進められることもあり、頭を抱えている方からの相談も非常に多いのも事実ですそれに対して、任意後見人の場合は、親子での契約書を公証役場で作成することで法務局に登記されるため、任意後見人の地位が公的に証明されます。
後見人であることがその時点で、確定するわけです自分の親の遺産が相続人である子どもの判断ではなく、他人の判断で処理されていくなんて親の家を片づけるためには、考えたくもありませんよね。後見人に対する知識も身につけておきたいところです。空き家になった親の家の仏壇の処理に迷ったら「遺品整理をしようと思うんだけれど、仏壇はどうしたらいいのでしょうか?」私は深く考えずに答えました。
そう質問されたので、ご自宅までお運びしましょうかところが、仏壇をどうすればいいのかという問いには、単なる物の移動とは違った意味合いがあったのです「いえ、うちには置き場がないので……」どうも自分は引き取りたくないので、私どもに処理を任せたいという趣でした。
他の兄弟も積極的に引き取ろうという遺族はいませんでした。
同じような考えで、結局、仏壇の行き場が決まらないうちは遺品整理ができないという結論に至り、引き取り先が決まり次第ご連絡をいただくことになりました。最近はこのように仏壇を引き取りたくないという遺族が増加しています。
狭いながらも楽しい我が家なぜ、仏壇を引き取れないのでしょうか昔の家には仏壇を置くためだけの部屋があったり一番の要因は、設置スペースの問題です、床の間の横に仏壇を設置できるよう設計段階からスペースを確保していました。しかし、最近は仏間どころか仏壇を置くスペースすらなく、冷蔵庫のような大きな仏壇ともなれば、邪魔な存在でしかなくなりました。引き取れない……とはいうものの、もっとも、そこにはある種のためらいが見て取れるのも事実です。
仏壇をごみと同じように捨てるわけにはいかない、との思いは感じられほすそうした方々を数多く見てきたことで、キーパーズは仏壇の供養サービスも提供することにしました。

アルバム、故人が大切にしていた物や愛仏壇だけではありません。人形、布団、衣類用していた物などを処分する前にお預かりし、僧侶を招き供養をするというものです。
そのまま捨てるのは偲びないという気持ちをお持ちの方に対して提供しているサービスです。日本で最初の遺品整理専門業者を名乗るからには、このような供養をすることによって、天国へ届けてあげるのは当然の責務だと考えたのです。

創業以来、キーパーズの各店には、祭壇を設置して供養祭を行うための日本初の供養専用ホールや供養専用スペースを設置しております最近は供養祭にご遺族が参列されることも多くなりました。故人の元へ届けてあげたいとこのような遺品の供養祭を、私どもは遺品のお葬式とも考え、の思いで行っています。実家のお墓はどうする?空き家になった親の家を片づけようというときに、先祖代々引き継がれてきたお墓の問題で頭を悩ませている子どもさんも多いことでしょう。
たしかに、親が亡くなったり、住まなくなった家を片づけてしまうと、その地に訪問する機会はほとんどなくなり、墓参りに行けなくなってしまっているケースが多いのです。
だれもお墓参りに来なくなり、放置され無縁仏になってしまっているお墓が全国的に大量にあり、寺院や墓地の経営者にとって悩みの種となって、無縁墓問題として新聞などにも取り上げられていますお墓は買ったものそのお墓ですが、という感覚でいる方も多いと思います。しかし、基本的にお墓は個人が所有することはできません。
したがって、お墓は不動産のように売却することはできないのです「永代賃借権という契約になっている場合が一般的です。寺院や霊園などとは永代使用権」先祖代々のお墓が古いお寺にある場合は契約の形にはなっていませんが、管理料が卒塔婆供養のためのお布施などに代わるだけで、基本的な構図は同じです。

減価償却費

建築条件が成就しない場合においては

ピュアホワイト企業
そうした管理料やお布施を払続けていれば半永久的にお墓は使用できるわけですが、滞納が続けば無縁仏になるのが大方の流れです。放置されて荒れ果てたままのお墓が増加しているのはそのためです。お墓の売却はできず、お墓を維持するためには管理料を払い続けなければならないとすれば、思いつくのはお墓を移すことですね。それを改葬といったりしますが、これもなかなかやっかいなのです。
お墓を移す場合、元々のお墓があるお寺に対しては、お墓を返却するということになるのですが、抜魂供養といった名目の費用を請求されることもあります。また移転先である寺院や霊園に新たに納骨しようとすると、開眼式などと称して費用がかかることもあります。
手間も費用もかかる、というわけです改葬先は自宅近くの墓や納骨堂にする人が多いのですが、散骨といって、近年は海や山などに粉末状にした遺骨を撒くという納骨手段を希望する人も増加傾向にあります。
いずれにしても、現在まで使い続けていたお墓を閉めて改葬する場合は、市役所や区役所に行き申請を改葬許可書を発行してもらう必要があります。して現在、法律で明確に決められているのは、火葬場への持ち込み段階までです。

正式な死亡断書を役所に提出することで、埋火葬許可証それを火葬場に示さなければ絶対にを受領し、火葬は受け付けてもらえません。基本的には、埋火葬許可証に、火葬を執行したことをその火葬場に持参した火葬場は

それが埋葬許可証になり、納骨の際に、証明するといった裏書をしてくれます。墓地や寺院に提出する、というのが1連の流れです。
骨揚げただし、をして容器に移すわけですが、火葬後は遺骨を拾うその後の処理については決まりがありませんつまり国で定められた定義があるわけではなく、法律上で決められた納骨の方法というのはないのです。
遺骨の処理はそれぞれの判断でできるというわけです。もちろん、どこにでも埋めたり撒いたりしていいわけではありません。ある程度の限られた場所でないと罰せられることもあります納骨やお墓に対する考え方はさまざまですが、最近、都市部で目立つのは、納骨堂を希望する方が増加していることです。公営のお墓の空きが少なくなって抽選が当たらないという現状と民間の墓地が高価になったことも背景にあります。
お寺の境内などにある冷暖房完備のビルのような建物ですので、交通の便がよく雨の日でも墓参りができて、草むしりや掃除の手間もかからないというメリットがあり、最近は人気になっています。
全国ニュータウン会議ちなみに、納骨堂の多くは30年前後の占有権を購入し、それ以後は合同墓に入るという契約が多いようです改葬に必要な書類改葬許可申請書埋蔵されている墓地の管理者の埋蔵証明がされている申請書現在、改葬先の墓地が確認できる書類(墓地の使用許可証,受入証明書など)の家の片づけ!実は親の荷物じゃなく、子どもの荷物?これは亡くなった親の遺品整理というよりは、ほとんどが子どもの荷物じゃないか!遺品整理のお手伝い中に、そう思うことがよくあります。古びた衣類やおもちゃ、子ども用の自転車や学生時代に使っていたスキー道具、レコード、ゲーム、釣竿、漫画などの家財道具がそのまま残っており、子どもたちのトランクルームのようになってしまっている実家も少なくありません。

地方から都会に出てきて住まいを構えて十分な収納スペースを確保できないからと、不要になった品々を田舎の実家に残したままにしている人も多いでしょう。帰省のたびに、不用品を運び込んでいた方もいるかもしれません。このように、親の家といっても、荷物を放置しているのは子どもさんだったというケースは多いものです。親が亡くなったり、高齢者専用住宅に入居したり、病院に入院したりという段階になるまでに、一度、子どもたちが皆で集まり、事前に実家の家財道具などの整理をする機会をもってみてはいかがでしょうか。
意外にも自分の荷物が多すぎてびっくりすることになるかもしれません。
読者の皆さんも、実家を倉庫代わりにしていませんか^親は倉庫の管理人ではありませんよ!

親元を離れ都会暮らしを始めると頻繁に実家に顔をだすことも難しくなるのはしかたのないことですが、その当時は健康だった親たちも、年月を重ね高齢となり、家の後片づけも次第に億劫になり、いつの間にか親の家がごみ屋敷になってしまっていたなどということもよくあり部屋の整理の手伝いをしてあげてください。

ます。
そうなる前にたまには実家に帰り、

終わりのあいさつに代えて-親家片で後悔しないですむために私が死んだら空き家になってしまう家の後片づけと、遺品の整理についてご相談したいのですご本人自らこんな相談を持ちかけてくる方が大勢おられます。ひとり暮らしの方ばかりでなく、お子さんのいらっしゃる方もいます。そうした相談を受けるたびに、思うことがあります。

未成約区画

市街化調整区域の開発

せっかくの親子でありながら、親の意思や希望を聞いてあげない子どもが増えているのはどうしてか、ということです家やお墓の片づけにせよ、遺品整理にせよ、事前に本人の希望をさり気なく聞いておくと親とのコミュニケーションはとても大切なことなのです。いった親子関係、しかし、多くの家族が、さまざまな事情やタイミングのずれによって、肝心なことは聞けずじまい、故人の遺志を確認できていないケースは少なくないのが現実です。私ども第三者からそんなことも聞いてなかったのと思ってしまうような事態も、しばしば目にします見ると私が相談にのったケースではこんなことがありました。
「80歳になってたまたま入院したらそれまで疎遠だった子どもが突然現れ、エンディングノートを差し出して『死んだときのためにちゃんと書いておいてくれ』というんです。それ以来、ちょくちょく現れては財産の話をし『遺言書を書いておいてくれ』とまで迫ってくるのです」てその方はとてもショックを受け、一切の遺産を渡したくないとおっしゃっていました。その気持ちはよくわかります。

相続人がひとりでしたのでそれ以上のもめごとには発展しないと思われまこの方の場合は、すが、複数の相続人がいたらどうなっていたかは想像できますよね娘さんが高齢の父親を喜ばそうと『おひとりさまでもだいじょうぶノート。』をプレゼントしたところ、父親はむっとした顔をして、「俺が早く死んだらいいと思ってるのか!」と怒鳴られたという話も聞きました。

母親が怒るケースはまずないのですが、父親の中には怒り出す人がいるわけですね少しずつ時代も変わり、エンディングノート終活という言葉が流行して世間ではやいて、高齢者の方も自分の死について事前に考えることがタブーではなくなり、当たり前のようになってきていますが、財産に関しては、やはりやまだまだ敏感に反応してしまう親が多いということです。

だからこそ、早い段階で何でも話し合える、信頼できる身内の関係を作っておくことが重要なのです。亡くなっていく側につらい思いをさせないような関係を長い時間かけて作るとともに、言葉使いもよく考えてあげてほしいですね。身内だからこそ聞きづらいという場合もあるのでしょうが、もし、あなたが死んだら……という話を聞いておいてあげることは、「あなたが死んだら、とても重要なことなのです。
財産であれば最低ですが、次のような話を本人から聞いておいてあげることはとを私に頂戴ね!」もちろん、遺族になる者同士も、てもよいことだと思います。良好な関係でなければいけないという考えを再認識してください。

どんな送り方亡くなったこ「あなたは何をしてほしいのですか?がいいですか?(葬送)とを誰に伝えてほしいですか?」「財産は誰に相続してもらいたいですか?」納骨はどうして戒名の希望はありますか?「だれに希望を実行してもらいたいですか?」ほしいですか?実は、このようなことを誰かに伝えて託しておけるということは、本人にとっても、とてもありがたく安心できることなのです。
はっきり聞いておいてあげたほうがいいのです。視家片物理的な作業や手続きだけではなく、意味深いものだということをご理解いただは、けたでしょうか。最後までお付き合いくださリありがとうございます。

いま地方の家が売れない7軒に1軒は空き家!不動産取引が比較的活発な都市部にある家や、十分な広さを備えた優良物件ならともかくごく普通の家の売却はなかなか容易ではない。
とくに、親の家が地方にある場合は、買い手が少ないだけに売却をあきらめるケースさえある。
全国ニュータウン会議日本中で空き家が増え続けているという現実が、それを物語っているいまや地方ばかりか都市部でも空き家が増え続け、防犯や防災面からも問題になっている。総務省の調査によれば、2008年10月時点での全国の空き家は757万戸、全国で約5759万戸を数える住宅の13%強に相当する。実に、ほぼ7軒に1軒が空き家ということだ。空き家問題は社会問題といった漠としたものではなく、もはや、私たちの身近に差し迫りつつある問題だといえるしかし、過疎地に建つ古い家の売却を実現した人もいるように、まったく売れないということでもないようだ地場には地場の需要がある。
地元の人である。地方の場合、不動産の購入者の大半は、ある地元に縁がある人だいは、そこでポイントとなるのが、あなたが売却したいと思っている空き家地方での人脈である。が、就職や進学のために離れた生家だつたとしたら、そこには同級生もいれば、知人も親戚もいるはず。
頼りになるのはそうしたネットワークである地方の家の売却は、いい値がつかなくて当たり前それでも持ち続けるよりは得田舎の家は都市部の家に比べ構えが大きい。
都市部の不動産価格の半値で見積もっても相当な金額になりそうなものだが、現実はそうはいかない。土地の評価には、固定資産税の額を決めるときの基準となる路線価など公的な資料があるが、これらは売買価格ではない。
実際の売却価格はケースバイケースで地域によってはその3分の1、10分の1ということさえあるいい買い手を見つければ路線価並みに売れることもあるだろうが、往々にして時間がかかる時間がかかればその間余計な経費が発生するため、売値が安くても早めに処分したほうが結果的に得ということもある。
家を残すということは、手間もお金もかかることなのだ。空き家のままにしておくといっても、誰も住まなくなった家は傷みが早い。いかに空き家とはいえ、荒れ放題にしていては近所の住民に不安を与えかねないし、防犯の面でも、また防災の面でも問題がある親がいなくなり、誰も住まなくなった地方の空き家を定期的に見回り、家や敷地の維持管理を請け負うサービスも増えているが、多くの場合、有料のビジネスとして行われている。

経年劣化による建物の倒壊を防ぐには、補修工事も必要となるそれを避けるには更地にすればいいのだが、家屋の解体にお金がかかるし、更地にすることで場所によっては固定資産税額が4倍程度に跳ね上がってしまうこともありうる。

空き家問題いま自分が住んでいる家以外に、は、もう一軒家を維持するという経済的問題でもあるのだ地方の空き家を売り抜くための決め手地縁血縁を総動員!実家近くの古い友人が、同級生つながりで買い手をこの章で紹介している売却の実例でも、紹介してくれたケースや、高校時代の友人が社長をしている不動産会社の仲介で、両親がいなくなった生家を売却したケースなど、地元人脈を活用している地方の不動産の需要は地元にあるということで、隣近所や近くに住む親戚に真っ先に売却の話を持ちかけ、それで早期に売却することができた人もいる。
中学や高校時代の人脈のつながりは強い。実家近くの隣近所の人にしても同じはずだ。実際切実な頼みにはほとんどの人が耳を傾けてくれるには親密な間柄ばかりとは限らない親戚も、ことだろう

帰省時などを利用して、そうした人々と連絡をとっておくことは大事だ。田舎のつながりを強化しておけば、空き家になっている実家を処分するときにも、なんらかの助け船を出してくれることだろう。

田舎の古民家

だったから売れた!しかし売値は1坪たったの3000円。
通勤·通学が不便だから

株式の過少評価

不動産を売却して納税

片づけも売却もせずにそのままに放置親が亡くなって空き家になった実家を相続したあと、とても大変なことになったご遺族はたくさんいますしておいて、中古マンションを相続した場合は、住んでいなくても管理費や積立金が毎月数万円かかります1年で30万円、10年で300万仮に管理費と積立金が月額2万5000円かかるとすると、相続税を払った上にさらに固定資産税も払い続けるわけです円の出費になってしまうのです。
賃貸物件として収益を上げることができないと金食中古マンションは、自分が住むか、から、10年後は100築33年程度で現在1500万円で売却可能なマンションであっても、また、0万円でも売却不可能な価格になっている可能性は十分にあります少なくともバブル時代どれだけ価値が下がるかは、場所や建物によっても違ってきますが、つまり、この例で単純計算してみるとのように現在より価格が上がることは考えられません。

3年に一度変動します●固定資産税を年間8万円とすると10年で80万円月々2万5000円とした場合マンションの管理費·積立金が10年で300万円10年後の不動産の価値の下落を500万円と仮定その他の雑費を年1万円として10年で10万円これらを単純に加算すると80万円+300万円+500万円+10万円1890万円となります現在1500万円の価値のあるマンションが10年後には890万円目減りするといつまり、

うわけですこれはあくまでも中古マンションを10年間空き家にしていた場合の仮定の話です。
相続時の心配ではなく相続後の資産をどう活用するのか、また現しかし、こうしてみると、状の不動産価値がどれほどあるのかを知っておくのはとても重要なことなのですね。売れると全く売れないかもしれないのです。もちろん、思っていた実家が、思った以上に安かったり、そのままというわけはいかないでしょう。
10年もの間、屋根や外壁の修繕一軒家にしても、そのほか庭木の伐採などの経費が必要になってくるのです。
恐ろしい話ですがこれが今の日本の不動産の実情なのですさまざまな問題に直面するご遺遺品整理の現場に立ち会う中で、相続した不動産によって、族から次のような相談を受けることが多くなりました。
収入証明書遠隔地のため地元の安心できる業者がわか「親が亡くなって相続した実家を売却したいが、らない」「相続した不動産を至急売却して、遺産分割協議を終わらせたい」「相続税が支払えないので、不動産を売って税金にあてたい」「借地に建っているので、更地にして地主に返さなければならない」「不動産を相続したが、建物を解体して駐車場などの収益物件にしたい」「空き家になった親の家をリフォームして、賃貸物件として活用したい」「親が亡くなると誰も住まなくなるが、どうしたらいいか相談にのってほしい」「いわゆる『事故物件』なので売却可能かどうか、売却に際する注意点を教えてほしい」親と離れて暮らしていたお子さんにとって、親が亡くなったことで空き家となった遠隔地にある親の家の活用や処分がうまくいかず頭を抱える問題となってしまっている様子を垣間見てきたのですであることに気づかされました。
親が亡相談にのるうちに、親の家遺品私はもまたすくなって空き家になった不動産も遺品であるならば、その売買や活用、売却のお手伝いも「ホームパック®創設したのがと考えたのです。

べてお受けできるようにしよう」そして、ですホームパック®は、相続不動産の売買キーパーズESP(株)を専門に担当会社は相続した不動産の売買や活用についてご相談いただけます。

行う会社であり、地元の信頼できる不動産会社が全国直営のキーパーズグループの独自ネットワークにより、全国どちらの地域でも地元目線のサービスを提供させていただいています親が健在なうちに親子将来的に親が住んでいる家が空き家になることが想定できる場合は、家の活用や処分について意見を共有しておくべきです。で話し合い、そうしておけば、実際に相続が発生しても慌てなくてすみはす今のうちに不動産の価値を知っておくことや、相続税がどれほどかかるかをそのためにも、把握しておくことが大切です。どう相続するのかといった判断基準にもなるはずですそれがわかれば、ホームパック®無料で不動産の価格を査定するサービスも提供していますでは、相続をしたあなたには、親の家がもれなくついてきます。
しかし、そのために今まで必要なかった出費が発生するかもしれないことを忘れないでくだ

さい。
それなら売ろうと考えても、びっくりするような安い価格か、ただでも貰い手がつかな税金が払えず、いという現実に直面して、自分の持ち家を売らなければならなくなったという人もいるのです

神奈川県のマンションの遺品整理と

九州へお引っ越しのお手伝いマンションの売却もサポート62歳男性と奥さん神奈川県遺品整理と事前整理のお手伝いを同時に依頼された事例をご紹介します。

このご家族は神奈川県の3LDKの高層マンションにお住まいでした。ご主人、奥さん、奥さんのお母さんの3人暮らしだったのですが、お母さんが前の月に90歳で亡くな遺品の整理をしたいということでした。

り、遺品の整理後、ご夫婦は九州のご主人の実家に移るということでしたので、遺品整理と併せて九州までのお引っ越しと不要な家財道具の整理までを一括でお受けできますよとお話しし、すべてをお受けすることになったのです。
高齢者が安心して生活できること

たった五パーセント

贈与があった
また作業完了後には、そのマンションの売却までお世話させていただくことになりました15年ほど前にこのマンションで同居するために一軒家を片づけてこられたので、遺品整理の量は衣類が中心の少量でした。ご夫婦も今回の転居を機に、家財道具は九州で新しく揃えるということで、多くの家こちらで整理してしまいたいといわれました。財道具は不要になり、整理した遺品は軽トラック1台分くらい、結局、九州までの引っ越し荷物はートンくらい、事前整理での不用品は3トンくらいで合計4·5トンほどの家財道具を搬出することになり、作業スタッフ5名で引っ越し費用を含め55万円をお支払いいただきました。
ご主人は大手メーカーに勤務されており、60歳でいったん定年退職したあとも嘱託として毎日働かれていました。九州に住む90歳近いご両親は健在で、ひとりっ子の長男であるご主人は元気なうちに、一緒に住みたいと長年考えていたそうです。

奥さんは、お母さんをマンションに引き取っていましたので「母親が亡くなるまでは、夫の九州の実家には行けない」と考えていたようです。ご主人はずいぶんとその件でけんかになったものです。幸いなことに実家は広いので、お母さんも一緒ならいいだろうと事あるごとに説得したのですが、なかなかウンとはいってくれませんでした「母親は『兄夫婦とは住みたくない』というので、主人が一緒に母親と住んでくれたことに感謝はしているのですが、でも私自身も夫の実家に行くとなると……。
定年退職後にご夫婦で東京を離れ、夫の実家に移った親友がいるのですが、『舅姑と住むのは、なかなか大変よ』という声を聞いたりして、踏ん切りがつかなかったのです」ご夫婦は、これまでのいきさつを語ってくれました。引っ越し予定日までに、ご主人は会社を辞し、ご夫婦で1カ月間国内旅行をしてから九州に行くということでした。
九州にお着きになるまでの間はサービスで荷物をお預かりさせていただくこととしてマンションの早期売却に向けての販売活動を行うことになりました。
広さは約70㎡でリビングと和室が1部屋、マンションは築20年、洋室が2部屋という

ものでした立地がよかったことときれいにお使いになっていたため、一般の査定は2300万円でした。ご夫婦は「それで構わないので販売してください」ということでしたので、その価格での売却を進めることになりました。
私どもは不動産売却の依頼を受けると、連携している不動産会社を通して無料で査定「ホームパックサービスと、を行い、相続手続きを行う専門売却のお手伝いをする」サムライ業ナビを提供しています。
収入証明書家を紹介する遺品整理を10余年続けてきた中で信頼関係を築いてきた信用ある不動産会社、弁護士司法書士などとネットワークを構築、遺品整理や事前整理にともなう不動産の処理にお困りの方のお手伝いをするサービスです。それからおよそ2カ月後でしたが、金額は値引き交渉が売却が正式に決まったのは、最終販売価格は2100万円でした。購入希望者が入り、売却希望価格との差額は、といってきたからです。ご夫婦は売「リフォームにかかる費用を値引きしてほしい」ということで、売却はスムーズに成立しました。れるのなら、その値段でもいい「ありがとう。
東京に遊びに行くときはホテル住まいにそれから数日後、ご主人からなってしまうのがちょっと寂しいですが、肩の荷が下りてほっとました。お世話になりとお電話をいただきました。ました」多くの困りごとに直面するご遺族やご家族に出会い、遺品整理を続けてきた中で、それらひとつひとつについて何とかお手伝いができないだろうかと、提供するサービス分今回はすべてのご要望をかなえられたようです。
私も、「こ野を広げてきたのですが、とお礼を申し上げました。
ちらこそありがとうございました」増え続ける空き家と空室率-あなたの将来計画は?私は全国を講演などで飛び回っているのですが、最近はどこの町に行っても、「あっちもこっほんとうに驚くほど空き家が多という状況を数多く見かけるようになりました。ちも空き家」いことに気づきますそれもそうでしょう、2013年の日本の空き家率は過去最高の13.5%を記録。戸数も2008年から63万戸増え820万戸に上りました。
そればかりではありません。賃貸住宅の空室率も全体の物件数に対して2割に迫る勢いで増え続けているのです。住まなければ賃貸物件として貸すか、取り壊して駐車場にするか、売却してしまえ以前は、そのいずれも不可能な状態になってしまっている。
そうした実家や、ばよかったのですが、賃貸住宅が増えているわけですね。
では、なぜ住まない実家を空き家のままにしておくのでしょうか?
売らないといけないなどの理由がない·今すぐに貸したり、固定資産税が高くなるので更地にはしていない駐車場にしても採算があわず、実家を残しておくと親族が集まることができる実家の土地の価格が上がる可能性に期待している将来、忙しいので何とかしようと思っている間に時間が経過した·今特に問題があるわけではないので、具体的なことは考えていない

相続した実家は利用しないが、思い出の地なので残しておきたい相続で誰がその家を引き継ぐか決まらず、そのままに放置されている相続して売れると思っていたが、全く売れず面倒になって放置しているこのような理由が考えられるのですが、不動産会社でもある立場から正直にいいますと空きメリットはほとんどなくデメリットのほうが多いものです。

高耐久住宅の普及

売れる査定

家を空き家のままにしておくのは、デメリットというのは、空き家の資産価値が確実に下がっていくのは間違いないということです。空き家が増える一方で、新築住宅は造り続けられ、13年住宅総数は6063万戸と08年比で305万戸も増えているのです。これは”特異”な状況といっていいでしょう。
人口の減少に歯止めがかからない現状に住宅の供給過剰が重なれば、必然的に不動産の価値は下落します相続した物件が土地だけならともかく、建物が残ったままで何年も経てば、建物は徐々に朽ち果て、火災の原因や倒壊の恐れがありますので、所有者に対する責任の追及が厳しくなってくる可能性もあります。売れたとしても、それどころか古い建物はほとんど評価されませんので建物評価は0円。
解体費用を見込んだ金額を土地の価格から差し引かれた価格での売買となるのです。
生きていくためには絶対に必要な住まいですが、必要以上に所有していても使い道がなく、単なる金食い虫となってしまっているのです仮に人口が急激に増加すれば、問題は改善する流れに向かうのでしょうが、最近は少子化だけでなく、孤立化、未婚化が進み、単身世帯が急激に増加しているので、改善の見通しは当分の間見えてこないというのが、日々の遺品·遺産整理のお手伝いをする中での実感です。

ある程度の年齢になり、都心の持ち家を売却して税金を払い、余ったお金を持って実家に戻り生活できる人ならいいのですが、仕事のことを考えると、やはり田舎に戻るわけにはいかない……と困り果てる人は、今後も増え続けることは間違いありません皆さんも、将来相続する可能性のある不動産があるのならば、今のうちからある程度の画を立てておかれたほうがよいのではないでしょうか。早めにしておきたい、不動産の無料査定による把握日本では経済的にも人口構造的にも、不動産価値が上一部の地域や物件を除けば、この先、”可能性はほとんどない”といっていいでしょう。昇するすでに空き家になった実家を相続したり、将来親が亡くなれば空き家になることは確実だと何をすればいいのでしょうか。
いう人は今、自分が住んでいる物件だって、将来は子どものお荷物になるかもしれないのですが、まずは住んでいた家をどうするのかを考えなければなりません親の住んでいる現に親が住んでいるからといって、何もせずそのままにしておくわけにはいかないということはおわかりですよね今すぐに売らないにしても、親に任せておいて何とかなるわけではありません。
土地をリースする場合に親の家を片づける遺族になる側が、今のうちから将来に向けて、プランを立てておかなければなりません。自分のための対策は自分で行い、自分の子どものためにもよく調べておきましょう。遺品整理と不動産売却を併せて依頼されることも多くなり、私どもも、不動産業の許可を取得し無料査定サービスを始めていますが、すぐにでもしなくてはいけないことは”現状の把です。
今現在の査定価格や、近隣の最近の取引の実例価格や、今後の動向を確認しておく握”ことです

賃貸にする場合は、いくらぐらいのリフォーム代が必要で、いくらで貸せるのか?「今、一般に売却する場合は、どれくらいの価格になるのか?」建売業者などに売るときは、どれほどの値段に下がるのか?最近、同じマンションで売りに出ていた部屋はいくらで売れたのか?「数年後の地域の人口や不動産価格はどのようになるのか?」「建物の築年数は?昭和56年以前の旧耐震の建物かそうでないか」などといったことを、今のうちに知っておきましょう。つまり私どものサービスは、今どうするのかではなく、いざというときに想像以上に安い金額を提示されて落ち込まないようにするために、現状を把握しておきましょうというものなのです。ある講演会で、高齢者の皆さんにこのようなお話をさせていただく機会がありました。すると講演終了後、不動産について相談にのって欲しいと10人ほどの方が集まってきたのです。

会場の都合もありすべての相談にのってさしあげることはできませんでしたが、「不動産があるから安心だと思っていたのに……」まだ不動産神話を信じている人が多く、と、私の話を聞いて、不動産の資産価値があまりに下がっている現状に驚いたわけです。「別荘地があるのですが、どうでしょうか、売れますか?」「投資用物件として購入したのですが、一度も現地に出向いたことはありません。更地のままで荒れ果ててしまっているはずです。そんな物件はどうでしょうか?売れるでしょうか?」かなり以前に購入した別荘地を所有したままの方がとても多く、なかには、カタログを見ただけで別荘地を購入したという方もいたので驚きました。
こうした物件は、ほとんど引き合いがなく、知らない第三者が不法に占有してしまっていたり、木が生い茂ってはっきりと場所を確認できなくなっているケースもありました。関東地方にある古家付きの土地でしたが、何年も売れないために、不動産会社に泣きついた方もおられました。
子どもには迷惑をかけられないので、300万円渡すから引きとってもらえませんか……これらの多くは親が子どもに不動産を残そうという思いで一所懸命働いて手に入れたはずなのですが、その不動産が邪魔者になってしまうというケースも珍しいことではないのです。
住宅双六